できる限り歯を保存する方針で治療に取り組んでいます-青森市の歯科・歯医者・インプラント・予防治療・根管治療なら柳谷歯科医院

天然の歯を残す治療。青森市の歯科・歯医者・インプラント・予防治療・根管治療なら柳谷歯科医院へ

駐車場完備
017-739-1766

月~金 9:00~11:30 / 14:00~17:00
土 9:00~11:30 休診日 日曜・祝日

017-739-1766

月~金 9:00~11:30 / 14:00~17:00
土 9:00~11:30 休診日 日曜・祝日

できる限り歯を保存する方針で治療に取り組んでいます

適切な診査・診断のもと治療方針を決定します

適切な診査・診断を行うこと。そして「丁寧な予防対策」「精密な根管治療」に重点を置き、天然の歯をできるだけ残すことに尽力しています。

生まれ持った「天然の歯」は、何よりの財産です。インプラントを含め、義歯の技術が進歩し、歯を失っても快適なお口での生活を保てる時代になりました。しかし、それでも天然の歯に勝るものはありません。

歯を守る一番の対策は「予防」です。歯を悪くする原因を早めに取り除くことが重要です。こまめなセルフケアと定期的なプロのメンテナンスの両方を行うことで、健康なお口をずっと守り続けていけるのです。

当院で治療された多くの患者様は、完治後もこの予防対策を守ってくださっています。そのため、むし歯や歯周病知らずの健康なお口の環境を保ち続けることに成功している方がたくさんいらっしゃいます。

マイクロスコープ治療

マイクロスコープ

肉眼の5~30倍に拡大できる精密な顕微鏡です。この装置を使えば、細かな作業が必要な根管治療なども、明視野で処置することが可能になり、本来抜かなければならない歯でも残せる可能性が高まります。

悪化させてしまった歯もできる限り守ります

一方でかなり辛い自覚症状が出るまで放置してしまい、相当悪化したむし歯を抱えて飛び込んでこられる患者様もおられます。しかしそんな状況でも、当院は「抜かずに完治」できる治療方法を見いだせる可能性は十分あると考えています。

かなり進行したむし歯であっても、神経のある歯の根っこの部分(根管)の治療を行うことで、回復に導いてきた実績を多く持つからです。

「他院で抜かないと駄目だと言われたけど、できれば残したい」

そんな一縷の望みをかけて来院される患者様の診察も行っています。状況によりますが、根管治療や、歯の土台の骨の治療を行うことで、抜かずに歯を残せる道は広がります。すべての歯を必ず抜かないということではありませんが、他院で歯を抜くことをすすめられた場合でも、諦める前にぜひ一度ご相談ください。

こんな方法で歯が残せる場合があります

前院長は勤務医時代から多くのインプラント治療に携わってきたので、インプラント治療と密接に関わる根管治療や歯の土台の骨の治療を多く行っています。通常は抜歯をすすめるような症例でも、骨削など特殊な治療技術で歯を抜かず回復させたケースを多く残してきました。

●歯を抜かないための治療法

骨削(骨を削る)や歯肉切除により骨の中に埋まってしまった歯の根っこを復活させる治療方法。また歯肉の中までむし歯が進行してしまった歯を強制的に挺出する(引き出す)治療方法で対応できることがあります。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法とは?

歯周病によって失われてしまった歯周組織(セメント質や歯槽骨、歯根膜)を再生させる歯周外科手術です。歯周病に侵された歯周ポケット内部の汚れや細菌を取り除いたあとに、歯周組織再生材料というゲル状の薬品を塗ることで、歯周組織の再生を促します。

すべての症例が適応できるわけではありませんが、中等度から重度の歯周病でも改善が期待できます。諦めずにまずはご相談ください。

天然の歯を残すことが最適な選択でないことも

天然の歯を残すことがベストですが、当てはまらないケースもゼロではありません。患者様が重度の歯周病にかかっている場合です。

かなり重い歯周病を発症しているケースでも、治療することで歯を支える骨への吸収(骨の溶け出し)を抑えることができれば、歯を抜かずにすみます。

しかし、治療しても吸収を止められなかった場合は、早めに抜いて歯の土台となっている骨をきちんと守ることが将来的にベストの場合もあるのです。

大切なのは、的確な判断でお口の最良の道をみつけること

万が一、歯の疾患を進行させてしまった場合でも、一部のケースを除き、かなりの確率で天然の歯を残せる方法があると考えております。

そのためには、第一段階として適切な診査・診断を行うことが大切です。長年の実績をもとに、患者様の現在だけでなく、未来のお口の健康も見極めた判断と治療を行うことに、これからも全力で取り組んでまいります。