歯周外科

フラップ法歯周外科
歯周病が進行し、歯周ポケットが5mm以上の重度の場合に行う手術です。歯肉をはがして歯石や汚れを取り除き、歯槽骨の整形と、傷んだ歯肉などの組織を取って、歯肉を元の状態に戻します。

歯肉切除
歯肉の盛り上がった箇所を切り取り、食べカスや歯垢が溜まらないようにします。

エムドゲイン
特殊なたんぱく質が主成分のエムドゲイン(液体)を骨がなくなった場所に注入し、メンブレン(特殊な膜)で覆います。その覆った中の空洞部分に再生能力が発揮され、骨がだんだん上がってきます。 またこの液体は細胞にも骨の再生を働きかけるので、初めて歯が生えてきたときのような強い組織を生成します。

GBR法(骨再生誘導法)
エムドゲインと似ていますが、骨が失われた場所に、自分の骨や人工骨を盛ることで、骨を再生する方法です。骨がなくなってしまった場所に砕いた自分の骨または人工骨を置いてその上をメンブレンで保護すると、半年程度で自分の骨に置き換わります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております