レントゲンや触診だけでは見つからない小さなむし歯も確実に発見

ダイアグノデント当院は、検査時に「ダイアグノデント」という機械で歯にレーザーを照射し、小さなむし歯まで発見します。技や勘だけに頼らない、正確な診断に効果的です。

ダイアグノデントとは
歯にレーザーの光をあてて、むし歯に冒された歯から発せられる光を数値や音色に置き換えて読み取り、むし歯の進行状態を計る機器です。

【メリット1】詳細な診断
特に、早期でむし歯を見つけるのが困難な奥歯の診断時に役立ちます。進行状態を細かく知ることができるので、どんな予防処置や管理が必要かの指針となります。歯の再石灰化の測定もできるので、予防処置の効果具合を診るのにも有効です。

【メリット2】正確な測定
レーザーの光は極小経路で反射するため、裂溝域でも正確な蛍光測定ができ、歯面を傷めません。

【メリット3】痛みはゼロ
診査においてまったく痛みがないので、お子さんや痛みに弱い患者さんでも安心して検査を受けていただけます。

<診査で出た数値>
0~14 :処置は不要
15~20:予防処置の実施がおすすめ
21~30:患者さんの歯の強度やメンテナンス間隔等に合わせた予防処置、
     または保存修復処置の判断が必要
30以上 :治療の実施がおすすめ

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております