«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 休日救急診療 | メイン | ADRG年次大会 »

2016年2月24日

今までの歯科治療は、虫歯になってしまった場合金属で修復するのが普通でした。
でも最近は金属でなく、白い歯を希望する患者さんがとても多くなりました。
小さな虫歯はレジンという材料で綺麗になります。
すっぽり被せることになってしまった場合も、最近のセラミックの進化と
接着の進化で、より安全かつ丈夫に審美的な治療ができるようになっています。
ただ、自費治療になってしまうことが多いのが悩みです。
今月は、金属アレルギーのため銀歯を全て金属を使わない白い歯にしたいという
患者さんが何人も来院されました。
皮膚科から依頼されたある患者さんは金がアレルゲンでした。
メタルフリーにすることで症状が収まり、安心しました。
材料と技術は確実に進化しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.yanagiyashika.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1175

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

柳谷歯科医院 院長 柳谷博章
柳谷歯科医院
http://www.yanagiyashika.
com/

院長 柳谷博章

開業以来、おかげさまで多くの患者さんにご来院いただき、現在もたくさんの患者さんに、お口の健康を守るための定期メンテナンスを続けていただいております。

これからも地域のみなさんに信頼していただける「かかりつけ医」として、役に立っていけるよう努めてまいります。