«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 五十肩 | メイン | 前歯が折れた »

2010年10月 7日

 数年前に他県で埋入されたインプラントが炎症を起こし痛くなってしまったため、除去することを依頼されました。強い炎症のため骨が吸収されており、単に除去するだけでは骨が欠損したままになってしまうので、骨を再生するためにGBRしました。出血が多く難儀しましたが、何とか無事終了できました。インプラントも万能ではないので、口の中で長く機能するためには、慎重な診断と術後のメインテナンスの重要性を改めて感じました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.yanagiyashika.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/726

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

柳谷歯科医院 院長 柳谷博章
柳谷歯科医院
http://www.yanagiyashika.
com/

院長 柳谷博章

開業以来、おかげさまで多くの患者さんにご来院いただき、現在もたくさんの患者さんに、お口の健康を守るための定期メンテナンスを続けていただいております。

これからも地域のみなさんに信頼していただける「かかりつけ医」として、役に立っていけるよう努めてまいります。