«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 新しいホワイトニングシステム | メイン | 保険医協会講演会 »

2009年6月11日

子供たちの歯を健診する度に感じるのですが、顎の発育の悪い子供たちが増えているようです。子供たちの噛む力の低下も深刻化しています。3度の食事に時間をかけて沢山食べることが苦手になっているようです。そのため間食が多くなって、すぐに満腹になりすぐにお腹が空いてしまう傾向があります。実は顎の発育は授乳期から始まっていて、母乳をしっかり吸うことで、顎の筋肉や骨が発達するのです。また、体全体の筋肉の発育との関連もいわれています。体を動かす遊びによって体が作られ、顎も発育するのだそうです。私も2歳の孫と散歩に出てよく歩かせています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.yanagiyashika.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/616

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

柳谷歯科医院 院長 柳谷博章
柳谷歯科医院
http://www.yanagiyashika.
com/

院長 柳谷博章

開業以来、おかげさまで多くの患者さんにご来院いただき、現在もたくさんの患者さんに、お口の健康を守るための定期メンテナンスを続けていただいております。

これからも地域のみなさんに信頼していただける「かかりつけ医」として、役に立っていけるよう努めてまいります。