«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯周病の怖さ | メイン | 接遇セミナー »

2007年5月21日

糖尿病患者で、血糖値の管理が悪いと歯周病が悪化することが明らかになっています。逆に、歯周病の治療をすると血糖値が改善することも明らかになりました。お口の汚れは歯垢(プラーク)、歯石を取り除くことできれいになり、歯周病も基本的には歯をきれいにすることで改善していきます。このプラーク(粥腫)と呼ばれるものが血管内皮に存在し、血栓から歯周病菌が検出されることから、血管を詰まらす血栓の発生に歯周病菌が関与していることは明らかです。歯周病菌は血小板に取り込まれて血管内に塊をつくるようです。歯周病をきちっと治療し、体の害になる歯周病菌をお口からなくすことが全身の健康につながります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.yanagiyashika.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/472

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

柳谷歯科医院 院長 柳谷博章
柳谷歯科医院
http://www.yanagiyashika.
com/

院長 柳谷博章

開業以来、おかげさまで多くの患者さんにご来院いただき、現在もたくさんの患者さんに、お口の健康を守るための定期メンテナンスを続けていただいております。

これからも地域のみなさんに信頼していただける「かかりつけ医」として、役に立っていけるよう努めてまいります。