«  2010年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年10月30日

201010301422000.jpg
寒さがひしひしと肌に感じる季節になりました。オペ室から見る外の風景も、紅葉から落葉へと変わってきました。今年もあと2ヶ月ですね。身も心も引き締めます。
2010年10月29日

 先日の無断キャンセルですが、後で受付から聞いたところ、約束の時間を50分過ぎたところでお電話をいただいとそうです。1週間後に変更ということなので、また再準備します。
2010年10月27日

 夢の中でとてつもないハイジャンプをし、蝶のように舞い降りた自分は、そのあまりの気持ちよさに脳細胞を振るわせながらウトウトと二度寝し、大跳躍の記憶を思い出しながら起床しました。きっと今日はいいことがあるぞ。
診療室に着いて今日のアポイントを確認すると、昨日より念入りに前準備していた「移植」が午前中に入っていました。何年か前に虫歯が原因で抜いてしまった奥歯の場所に、本人の別の場所にある親知らずを抜いて歯の無いところに移植する手術です。抜いてから何年も経つので、そこに移植する場合はその場所を、そこに持ってくる親知らずの形どおりに掘る必要があります。結構神経を使う手術ですが、成功すると歯の無かった所に歯が入るので、とても理想的な治療です。
他の患者様を制限し、移植手術を受ける方を待っていました。通常の歯科診療は1階の治療室で行っていますが、インプラント手術や困難な外科手術は二階のオペ室で行います。準備する材料や器具もすべて滅菌袋に入れて1階の消毒室から運ぶという手間がかかっています。
アポイント時間の少し前から待っていました。手術担当の歯科衛生士も待っていました。
待っていました。
約束の時間を少し過ぎました。
ちょっと遅れるのかな、と思いました。




無断キャンセルでした。
2010年10月26日

 大跳躍が夢だったと気付いた自分は、夢だったことをさほどガッカリするでもなく、空中遊泳の名残を楽しんでいました。脳細胞の中に体が浮遊する気持ち良さが残っているのです。きっと今日は良いことがあるに違いない、絶対、と思いながらまたウトウト。
2010年10月25日

何人かで、誰が一番高く跳ぶことができるか競争していました。壁に平行に走りながら助走をつけ、一気に跳んで最高到達地点に印をつけます。自分の番がやってきました。過去一度もない見事な跳躍で、あり得ない最高地点に印をつけて、蝶のように優雅に舞い降りました。空中での対空時間が非常に長かったので、これ以上ない晴れやかな気持ち良さに脳が喜びました。すごい、何だこの気持ち良さは、と感激したところで目が覚めました。「なんだ、夢か。」

2010年10月15日

 今年も「赤い羽根共同募金」や各高等学校の「吹奏楽演奏会」の時期がきました。共同募金には町会長からの依頼があり、毎年同じ金額を寄付しています。これから寒くなる季節に街頭での募金活動をしているボランティアの方々、ご苦労様です。吹奏楽部の生徒さんたちも色んなところを回って寄付を集めているようでご苦労様です。いい演奏に役立てば嬉しいです。共同募金への寄付と吹奏楽部への寄付はまったく趣旨の異なったものですが、頼まれると嫌とは言えない自分でした。
2010年10月12日

201010111335000.jpg
紅葉を見に八甲田に行きました。道すがらの紅葉を楽しみ、ロープウェーで上まで登ってみましたが、あいにくの霧であまり視界は良くなかったです。紅葉のピークまではもう少しでしょうか。あちこちで知り合いと、ばったり出会ってビックリしました。天気が良かったのでみんな出かけたようです。
2010年10月 8日

 今日は緊急で、小学生三年生の女の子が転んで前歯が折れてしまったのを治療しました。小学生の場合(小学生でなくても)前歯の神経を生かしておくことが大事なので、一部神経が出てしまったところを保存療法して、レジンというプラスチックのような歯と同じ色で修復しました。このまま神経が生きていてくれることを願うばかりです。
2010年10月 7日

 数年前に他県で埋入されたインプラントが炎症を起こし痛くなってしまったため、除去することを依頼されました。強い炎症のため骨が吸収されており、単に除去するだけでは骨が欠損したままになってしまうので、骨を再生するためにGBRしました。出血が多く難儀しましたが、何とか無事終了できました。インプラントも万能ではないので、口の中で長く機能するためには、慎重な診断と術後のメインテナンスの重要性を改めて感じました。
2010年10月 4日

 最近五十肩に悩まされています。痛くて右腕を上げられないのです。パソコンに向かってマウスを動かしていると、どこからともなく痛みがやってきて、肩から上腕にむかってジンジンします。椅子に座って作業しているときは時折痛みを忘れることもあるのですが、卓袱台の前にお尻から座っていると嫌な痛みがだんだん強くなってきます。知り合いの医師に相談したところ、1~2年は治らないと言われてしまいました。この痛みを経験した卓球仲間に聞いてみたところ、やはり痛みが消えるのに時間がかかるそうです。鍼灸治療に通った人もいました。痛くて夜寝れないこともあったと聞きましたが、自分はそこまでひどくないので、やはり我慢するしかないのかなと、なかば諦め加減です。

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

柳谷歯科医院 院長 柳谷博章
柳谷歯科医院
http://www.yanagiyashika.
com/

院長 柳谷博章

開業以来、おかげさまで多くの患者さんにご来院いただき、現在もたくさんの患者さんに、お口の健康を守るための定期メンテナンスを続けていただいております。

これからも地域のみなさんに信頼していただける「かかりつけ医」として、役に立っていけるよう努めてまいります。