«  2007年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2007年12月31日

正月を前に生後9ヶ月の孫がやって来ました。もうじき一人で立つことが出来そうです。

2007年12月26日

年末になり、何となく慌しくなってきました。歯科医院でも、急な患者さんが飛び込んでくる季節です。みなさん今まで我慢していたところを、正月前になんとかしたいと思うようですね。本当は日ごろから定期健診で歯の健康を維持しておきたいところですが、なかなかそうもいかないようです。今日、海外から日本に来て働いている女性が急患で来院されました。定期健診や予防という概念がヨーロッパから導入され、日本でも少しづつ浸透してきていますが、残念ながらアジアの国々ではまだまだのところが多いようです。
2007年12月16日

クラブ名は青森スマッシュです。試合後の忘年会の様子です。みんな卓球の話をするのが大好きです。何時まで語り合うのでしょう!

卓球の試合、後期社会人リーグに参加しました。団体戦です。午前のリーグ戦で二位になり、午後のトーナメントに進みましたが、残念ながらそこで敗退しました。もっと練習して強くなります。これから卓球のクラブメンバーと忘年会です。今日の試合を振りかえりながら、卓球談義に花を咲かすことでしょう。

2007年12月 9日

新宿駅の南口前で、見知らぬバンドのストリートライブを、しばしの時間楽しみました。

学会出席のため新宿に行きました。久しぶりの新宿です。立ち並ぶビル、行き交う車、車、車。たくさんの人、人、人。一人一人の物理的大きさは、宇宙から見れば無いに等しいかもしれないけれど、その存在は宇宙と同じ大きさ。そんなことを考えさせられた大都会でした。

2007年12月 7日


とうとう雪の季節になりました。朝歩いて診療所に行く途中、何度か滑って転びそうになりました。冬場に転んで骨折した人を何人も知っています。注意深く歩きましょう。車の運転も慎重にしたいところです。


2007年12月 5日

毎朝の朝礼で輪読してきた「お客様の感動を設計するハッピーエンドのつくり方」という本を読み終えました。最後に「面白きこともなき世を面白くすみなすものは心なりけり」という高杉晋作のことばを引用していました。私たちが感動的に生きるのもそうでなく生きるのも、自分の気持ち次第なんだということを全員理解したようです。感動を演出することはとてもエネルギーのいることですが、歯科医院という場所は患者様の喜びを自分の喜びにできるすばらしいところです。明日もまた感動的な一日になることでしょう。

« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

柳谷歯科医院 院長 柳谷博章
柳谷歯科医院
http://www.yanagiyashika.
com/

院長 柳谷博章

開業以来、おかげさまで多くの患者さんにご来院いただき、現在もたくさんの患者さんに、お口の健康を守るための定期メンテナンスを続けていただいております。

これからも地域のみなさんに信頼していただける「かかりつけ医」として、役に立っていけるよう努めてまいります。