«  2007年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2007年8月26日


セミナーも終了し、青森空港に向かいます。夕方の羽田空港の風景です。



反対咬合の場合、何才から治療開始するか。大きく意見の分かれるところです。 以前はチンキャップといって下顎を押さえつける装置を使ったこともありましたが、その効果については疑問の声があがっています。反対咬合の原因、又は問題点は、上唇の筋肉の緊張と舌の置き場所の位置異常です。それに対する矯正装置にムーシールドというのがあります。比較的早期に使う装置です。三歳から五歳ぐらいの反対咬合に使うことも出来ます。ただ全ての装置に言えることですが、必ず百パーセント効果が出るということではありません。しかし、早期治療のメリットは大きいです。


矯正セミナーで上京しました。羽田空港の様子です。

2007年8月12日

 歯科衛生士セミナーを見学し、一緒に勉強させていただきました。最近の歯科治療は、歯周病の治療を抜きにしては成り立ちません。歯肉の状態を最良にして始めてきれいな被せ物を入れることができます。そこで、歯科衛生士の仕事が重要なのです。歯科衛生士は口腔内写真で患者さんの今の状態を説明し、歯垢と歯石を除去します。そして患者さん自身の歯ブラシが大事です。歯科衛生士と患者さんは共同で歯周病を治すのです。だから、歯科衛生士の情熱が今後の日本の口の中を守っていくのです。

8月12日に、第二回歯科衛生士セミナーが、柳谷歯科医院を会場に開催されました。岩切先生のもと、シャープニングと口腔内写真の撮影方法を勉強しました。柳谷歯科からも二人の歯科衛生士が参加しました。後日、柳谷歯科全員で復習会をします。


横浜在住の長女が、お盆に帰省しました。孫は生後5ヶ月を越えて、もうすぐ腰が座りそうです。おそるおそる抱っこしてみました。


2007年8月 8日

花火大会を見ました。青森の花火大会は、年によっては寒かったり、風向きが悪かったりしますが、今年は夕方から天気が回復したので良かったです。花火も進化しています。色合いや形がどんどん豊富になっています。来年も楽しみです。

2007年8月 7日

 むし歯は基本的には感染症です。むし歯を作る菌がいなければむし歯にならない、というのはある意味正しいのですが、そればかりではないのです。実はむし歯は生活習慣病でもあるのです。砂糖をどのように摂取しているかが大きな問題なのです。今メタボリックシンドロームという病名で肥満対策が行われていますが、食事の規則性と内容が大事なのは、むし歯予防にそのまま当てはまります。特に就寝前に飲食すると、肥満だけでなくむし歯をも呼び込んでしまうことになります。
2007年8月 5日

シンデレラスマイルという、アメリカで話題になっているマウスピース様のおしゃれアイテムを扱うようになりました。歯をきれいに見せるためのデンタルドレスです。ネイルアートのような感覚で歯に装着します。取り外し式です。型どりから三週間で出来てきます。メーカー推奨の値段は片顎15万円です。だいたいは上顎に装着して前歯を綺麗に見せるようにするようです。簡単に着けられて、簡単に外せます。手軽に楽しめて、美しい口元が手に入るので、審美眼に優れているモデルたちが注目しているようです。

« 2007年7月 | メイン | 2007年9月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

柳谷歯科医院 院長 柳谷博章
柳谷歯科医院
http://www.yanagiyashika.
com/

院長 柳谷博章

開業以来、おかげさまで多くの患者さんにご来院いただき、現在もたくさんの患者さんに、お口の健康を守るための定期メンテナンスを続けていただいております。

これからも地域のみなさんに信頼していただける「かかりつけ医」として、役に立っていけるよう努めてまいります。