【当院のインプラント治療の特徴】増骨手術

増骨手術あごの骨が薄すぎてインプラントが打てない患者さんも、あごの骨を補う「増骨手術」によって、インプラント治療が可能となる場合があります。

サイナスリフト
上あごの奥歯の上方部分「上顎洞(サイナス)」の空洞に、骨に置き換わる補填材を填入して、骨を補います。

ソケットリフト(オステオトーム)
サイナスリフトと同様に、上あごの骨が少ない場合に骨に置き換わる補填材填入処置をする手術です。ただし骨の厚みが4mm以上の場合に行われ、それ以下の厚みの場合は、サイナスリフトが採用されます。

GBR法(骨再生誘導法)
骨が失われた場所に、自分の骨や人工骨を盛ることで骨を再生する方法です。骨がなくなってしまった場所に砕いた自分の骨または人工骨を置いてその上をメンブレンで保護すると、半年程度で自分の骨に置き換わります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております