インプラント治療の流れ

治療の流れ患者さんの状態にもよりますが、当院では、奥歯のインプラント埋入の際は歯肉の切開を1回のみで行う「1回法手術」を、前歯部の場合は2回切開を行う「2回法手術」で対応することが一般的です。ここでは2回法手術の流れについてご紹介します。

【STEP1】検査・カウンセリング
CT検査結果をもとに、埋め込む箇所や口腔内の骨や歯肉の状態、噛み合わせなどをしっかり把握します。その上で綿密な治療計画を立て、患者さんと十分に話し合います。
次へ
【STEP2】インプラント埋入
歯が抜けた治療箇所に、専用器具を使ってインプラントを埋入します。
次へ
【STEP3】治療期間
埋入したインプラントが土台の骨としっかり結合するまでの2~4か月間です。
次へ
【STEP4】歯肉を切り開く手術
歯肉を切開して、冠を取り付ける準備をします。
次へ
【STEP5】人工歯製作・装着
歯肉が治った時点で型を取り、色や形の合う冠を作ります。できあがったらインプラントに取り付けます。

<メンテナンスと定期検診>
インプラントは、毎日のケアと定期メンテナンスで寿命が変わってきます。装着後は3か月から半年に1回、以降は年1回の定期検診を行ってください。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております