正しく、美しい歯並びにしませんか?

乳歯矯正現代人はあごが小さく、自然の歯の生え変わりでは全部の永久歯がきれいに並ばない傾向があります。その傾向を食い止め、全部の歯をきれいに生えさせるためのお手伝いが矯正治療です。

乳歯のうちから始める矯正
治療開始には適したタイミングがありますので、一概に早く始めればよいということでもありません。しかし早く始めることで、歯を抜かずに矯正できる可能性は広がります。完璧な歯並びを目指すためには、乳歯が残っているうちから矯正を始めますが、治療期間が長くなる欠点があります。

永久歯が生え揃ったあとの矯正
永久歯が生え揃ってからの矯正は、年齢に関係なくいつでも始められます。

<あごが小さい方の場合>
歯が並びきれない小さなあごを持つ方の場合、一部の歯を抜いて矯正する場合がありますが、抜歯については厳密な診査で決定します。最近は小さなインプラントを利用して、歯を抜かない矯正対応をするケースも増えました。

反対咬合の矯正
早めに初期矯正してそのまま安定するケースと、その後再発するケースがあります。反対咬合のケースは、現代人のあごの傾向に反してあごが大きく成長する場合があるので、外科手術で対応することもあります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております