子どもの矯正

第1期治療矯正は、どのタイミングで始めるか、永久歯の有無などで、矯正のステップが変わります。早いうちから始めると、矯正で正しいあごの骨の成長を促すことが可能ですが、大人の矯正は、すでに成長しきったあごの骨の上に歯を並べ替える目的で行うのが一般的です。

しかし、乳歯を持つお子さんの場合は、ワイヤーの装置を付けて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は、大きく2つのステップに分かれます。ただし、永久歯が生え揃っている場合はステップ2からの矯正となります。

【ステップ1】第1期治療(学童期)第1期治療
この時期は、成長段階でお口の状態が悪くなる要因を取り除き、発育ができるだけバランスよく進むように軌道修正をする期間です。

本人の成長力をうまく引き出せると、幅広い治療が可能となる時期です。この時期の成果次第で、第2期治療期で永久歯を抜かずに治療ができる可能性が高まります。さらには第2期治療が不要となることもあるので、非常に大切なステップなのです。

【ステップ2】第2期治療(中学生以降)第2期治療
大人の矯正と同じ内容で進めます。上下すべての歯にブラケットを装着し、全体の噛み合わせを改善する治療となります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております