歯周病とは

歯周病とは主に歯肉炎や歯周炎などにより、歯を支えている歯ぐきや歯槽骨が溶けて破壊されてしまう病気です。歯周病原性細菌が主な原因とされています。この菌に感染すると、まず歯肉に炎症が起きます。そしてさらに悪化した炎症が歯槽骨に達すると歯を支えられなくなり、やがて歯は抜け落ちます。

歯周病チェック
歯周病は歯ぐきに炎症を起こすだけでなく、骨まで溶かしてしまう恐ろしい病気です。しかし、決して珍しい病気ではありません。それどころか、日本人の成人の80%が歯周病にかかっていると言われています。

何よりも怖いのが、初期のうちは痛みなどの自覚症状がほとんどないこと。ぜひこの表でチェックしてみてください。当てはまるものが1~2項目の場合は軽度、3~5項目の場合は中度、6項目以上の場合は重度の歯周病の可能性があります。

<歯周病の自己チェック>
□ お口の中がネバネバする
□ 口臭がする
□ 歯と歯の間に食べ物がはさまる
□ 歯ぐきが痩せて、歯が長くなったように見える
□ 歯ぐきを押すと血や膿が出る
□ 歯を磨いていると血が出る
□ 水や甘い物を口に含むとしみる
□ 固い物が噛み辛くなった
□ 歯がぐらぐらする
□ 歯に歯垢や歯石が付いている
□ 歯ぐきが腫れている

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております