難易度の高い治療

難易度の高い治療根管は最も重要でありながらも、治療を行うのが非常に困難な部分と言えます。根尖まで直接目で見通すことができないので、菌の根絶には技術と時間を要するからです。菌が完全に死滅する前に被せ物などをすると、残った菌が再び増殖します。

被せ物を保険適用外の見た目のよい材料で行う場合も、この根管治療の綿密さが実に重要です。わずかでも菌が残っていれば再発し、せっかくの被せ物が無駄になってしまう可能性があるからです。最悪、歯を失うことにつながる場合もあります。

当院長は、日本の根管治療の権威、大谷満先生の指導のもとに治療技術を習得し、勤務医時代から今に至るまで、多くの根管治療に携わってきました。難症例も経験しています。

むし歯を悪化させて根管治療が必要となった場合も、あきらめてしまう前にぜひ当院にご相談ください。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております