初期から末期までのむし歯の症状

むし歯の症状は、初期段階の「CO」から歯が崩壊する「C4」までの5段階の症状に区分されます。 初期であれば軽い処置ですみますので、自覚症状がなくても、定期的な歯の健康チェックを行いましょう。

CO(初期むし歯)CO
虫食い・黒ずみがなくても歯が溶け出し、むし歯が始まった状態です。フッ素入りの歯磨き剤でのブラッシングで、再石灰化が可能です。

C1(エナメル質う触)C1
歯の表面を覆うエナメル質を溶かし、小さな穴があきます。痛みはほぼありません。治療については、保険適用内の白い詰め物を使っての完治が一般的です。

C2(象牙質う触)C2
エナメル質の下の象牙質まで蝕まれ、甘いものや冷たいものがしみることがあります。範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物で完治が可能です。範囲が大きい場合は疾患部除去と成形を行います。除去した部分には型取りした詰め物の装着が必要です。

C3(神経まで達したう触)C3
象牙質の下の神経まで達し、激痛を伴うことがほとんどです。神経がだめになってしまうと、歯ぐきが腫れたり炎症による膿が出たりします。この状態まで進行すると、根管治療が必要となります。

C4(残根状態)C4
歯は崩壊し、歯根だけが残った状態です。治療可能な歯質が残っている場合はC3と同様の根管治療ができますが、症状によっては抜歯が必要な場合もあります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております