安心・安全のインプラント治療

初診時からしっかり時間をとり、カウンセリングからていねいに対応いたします。できるだけ元の状態に近づけたい...、そんな願いを確かな技術で叶えます。

インプラント治療

当院長は日本口腔インプラント学会の専門医であり、開院以来の累計で2,000本以上のインプラント治療の実績を積んでまいりました。また、インプラント治療に最適な完全個室のオペ室とCTなどの設備を揃え、安全な外科治療を行っています。

患者さんが治療を受けるために必要な健康状態、最適な治療方法や期間、必要となる費用、装着後のメンテナンス方法などをていねいにご説明いたします。

インプラントとは?インプラント
不幸にして歯を失ってしまった場合に、チタンなどの人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上に人工歯を装着する治療方法です。目立つ部分の歯を失って、元どおりの見た目に戻したい方、入れ歯のズレや噛み心地で満足できない方など、幅広いニーズにお応えできます。

<インプラントのメリット>
・食事をきちんと噛んで味わえる
・周りに残るほかの歯に負担をかけない
・見た目がよい
・顔の輪郭を変えない
・発音障害が出ない
・噛んだときにあごに力がかかるので、あごの骨痩せを防げる

<インプラントのデメリット>
・治療期間が長い
・自由診療のため費用が高額
・外科手術が必要
・歯周病のある方や全身疾患のある方など、健康状態により利用できない場合がある
・歯を磨くのが苦手な方や毎日のメンテナンスが難しい方には不向き

【当院のインプラント治療の特徴】正確な診査・診断

正確な診査・診断初診時または2回目の来院時にカウンセリングや検査の時間を十分にとり、ていねいに進めます。検査にはCTを使い、費用や安全性などの説明を行ってまいります。骨密度や神経位置をきちんと把握した上で、ご予算やお口の中の状態に最適な治療方法を提案いたします。また、インプラント体(人口歯根部)は、その方のあごの骨の大きさなどを見て、何種類かの中から使い分けていきます。

※インプラント埋入には、歯根をしっかり固定させるための健康な土台(あごの骨)が必要です。最初に検診を行い、土台を痛める要因となる歯周病があった場合にはその治療から始めます。

【当院のインプラント治療の特徴】フラップレス手術

フラップレス手術フラップレス手術(CTにより安全性が確認された場合のみ)
通常はドリルで穴をあけてインプラントを埋入する前に、あごの骨が見えるよう、メスで歯肉を切開します。しかしフラップレスの場合、埋める位置を決めるテンプレートを作って、切除せずに直接穴をあけます。施術には熟練の技術が必要ですが、これにより歯肉ダメージや感染リスクを大幅に下げることができます。

【当院のインプラント治療の特徴】ガイディッド・サージェリー

ガイディッド・サージェリー ガイディッド・サージェリー(天然歯が1本も無い場合)
患者さんの口腔内をCT撮影し、そのデータをもとにインプラント埋入プランニングソフト(ノーベルガイド)上でシミュレーションを行い、手術の安全性を向上させた方法です。これにより、通常では大きく切開をせざるを得ない難症例においても、無切開無痛手術を行うことが可能となりました。

【当院のインプラント治療の特徴】抜歯即時埋入

抜歯即時埋入抜歯即時とは、歯を抜くと同時にインプラント体を埋め込む手術です。治療期間が通常の半分ですむ、手術当日に仮歯を入れられるといったメリットがありますが、非常に精密で難しい治療です。骨密度が低かったり骨の厚みが少なかったりする方には、対応できないこともあります。

【当院のインプラント治療の特徴】増骨手術

増骨手術あごの骨が薄すぎてインプラントが打てない患者さんも、あごの骨を補う「増骨手術」によって、インプラント治療が可能となる場合があります。

サイナスリフト
上あごの奥歯の上方部分「上顎洞(サイナス)」の空洞に、骨に置き換わる補填材を填入して、骨を補います。

ソケットリフト(オステオトーム)
サイナスリフトと同様に、上あごの骨が少ない場合に骨に置き換わる補填材填入処置をする手術です。ただし骨の厚みが4mm以上の場合に行われ、それ以下の厚みの場合は、サイナスリフトが採用されます。

GBR法(骨再生誘導法)
骨が失われた場所に、自分の骨や人工骨を盛ることで骨を再生する方法です。骨がなくなってしまった場所に砕いた自分の骨または人工骨を置いてその上をメンブレンで保護すると、半年程度で自分の骨に置き換わります。

インプラント治療の流れ

治療の流れ患者さんの状態にもよりますが、当院では、奥歯のインプラント埋入の際は歯肉の切開を1回のみで行う「1回法手術」を、前歯部の場合は2回切開を行う「2回法手術」で対応することが一般的です。ここでは2回法手術の流れについてご紹介します。

【STEP1】検査・カウンセリング
CT検査結果をもとに、埋め込む箇所や口腔内の骨や歯肉の状態、噛み合わせなどをしっかり把握します。その上で綿密な治療計画を立て、患者さんと十分に話し合います。
次へ
【STEP2】インプラント埋入
歯が抜けた治療箇所に、専用器具を使ってインプラントを埋入します。
次へ
【STEP3】治療期間
埋入したインプラントが土台の骨としっかり結合するまでの2~4か月間です。
次へ
【STEP4】歯肉を切り開く手術
歯肉を切開して、冠を取り付ける準備をします。
次へ
【STEP5】人工歯製作・装着
歯肉が治った時点で型を取り、色や形の合う冠を作ります。できあがったらインプラントに取り付けます。

<メンテナンスと定期検診>
インプラントは、毎日のケアと定期メンテナンスで寿命が変わってきます。装着後は3か月から半年に1回、以降は年1回の定期検診を行ってください。

インプラント治療ための小冊子をプレゼント

小冊子抜歯の必要があると言われた患者さん必読!
「歯を守る!インプラント治療法」

はじめに「あなたの歯は健康ですか?」
第一章 「歯医者が語る歯医者の本音」
第二章 「今注目されているインプラント治療」
第三章 「ますます進化するインプラント治療」
第四章 「インプラント治療の歴史と私」
第五章 「インプラント治療を受ける前に知っておきたい、よくある質問」
第六章 「まるで自分の歯のように...。インプラント治療をされた方の喜びの声」
(全40ページ・無料)

院長が、自らの経験をもとにインプラントについてわかりやすくご紹介した小冊子。「手術は大変なの?」「費用はどれくらいかかるの?」といった疑問も、この小冊子を読めば解決します。インプラントについて「わかりづらい」「怖い」といったイメージをお持ちの方は、ぜひご一読ください。ご希望の方は以下までお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
TEL:017-739-1766
FAX:017-739-1601

小冊子のPDF版をダウンロードできます
「歯を守る!インプラント治療法」

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております