矯正治療

最近ポピュラーになりつつある、矯正治療。特にお子さんの発育に合わせて、自然で美しい歯並びを目指される保護者の方が増えています。

矯正治療

当院には、乳歯のうちからお子さんの歯がむし歯にならないよう、予防処置を定期的に行ってくださる保護者の方が増えてきました。またそれに伴って健康な歯を得ることで、歯並びについても気にされる方が増えています。
申し訳ありませんが、現在新規の矯正治療は受け付けていませんのでご了承ください。

正しく、美しい歯並びにしませんか?

乳歯矯正現代人はあごが小さく、自然の歯の生え変わりでは全部の永久歯がきれいに並ばない傾向があります。その傾向を食い止め、全部の歯をきれいに生えさせるためのお手伝いが矯正治療です。

乳歯のうちから始める矯正
治療開始には適したタイミングがありますので、一概に早く始めればよいということでもありません。しかし早く始めることで、歯を抜かずに矯正できる可能性は広がります。完璧な歯並びを目指すためには、乳歯が残っているうちから矯正を始めますが、治療期間が長くなる欠点があります。

永久歯が生え揃ったあとの矯正
永久歯が生え揃ってからの矯正は、年齢に関係なくいつでも始められます。

<あごが小さい方の場合>
歯が並びきれない小さなあごを持つ方の場合、一部の歯を抜いて矯正する場合がありますが、抜歯については厳密な診査で決定します。最近は小さなインプラントを利用して、歯を抜かない矯正対応をするケースも増えました。

反対咬合の矯正
早めに初期矯正してそのまま安定するケースと、その後再発するケースがあります。反対咬合のケースは、現代人のあごの傾向に反してあごが大きく成長する場合があるので、外科手術で対応することもあります。

子どもの矯正

第1期治療矯正は、どのタイミングで始めるか、永久歯の有無などで、矯正のステップが変わります。早いうちから始めると、矯正で正しいあごの骨の成長を促すことが可能ですが、大人の矯正は、すでに成長しきったあごの骨の上に歯を並べ替える目的で行うのが一般的です。

しかし、乳歯を持つお子さんの場合は、ワイヤーの装置を付けて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は、大きく2つのステップに分かれます。ただし、永久歯が生え揃っている場合はステップ2からの矯正となります。

【ステップ1】第1期治療(学童期)第1期治療
この時期は、成長段階でお口の状態が悪くなる要因を取り除き、発育ができるだけバランスよく進むように軌道修正をする期間です。

本人の成長力をうまく引き出せると、幅広い治療が可能となる時期です。この時期の成果次第で、第2期治療期で永久歯を抜かずに治療ができる可能性が高まります。さらには第2期治療が不要となることもあるので、非常に大切なステップなのです。

【ステップ2】第2期治療(中学生以降)第2期治療
大人の矯正と同じ内容で進めます。上下すべての歯にブラケットを装着し、全体の噛み合わせを改善する治療となります。

大人の矯正

大人の矯正大人になってからでも、矯正治療は可能です。大人になるにつれ組織の反応が遅くなるため、歯の移動には時間がかかる傾向があります。基本的には歯をきれいに並べるだけの治療となります。あごの骨の大きさや位置を改善する必要がある場合は、外科的な処置が必要です。

当院で行った矯正治療の症例

歯と歯の間に大きな隙間があったり歯並びがガタガタの場合でも、年齢に関係なくいつでも矯正治療が始められます。

症例

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております