入れ歯(義歯)

負担の少ない保険診療でも、サイズも噛み合わせもピッタリ合う入れ歯をていねいにお作りしています。定期的な入れ歯のメンテナンスも重要です。

入れ歯

入れ歯をする上でとても大切なことは、食事をしたり、おしゃべりをしたりすることが快適に行えるかとともに、残っている歯に負担をかけていないかということです。

そのため入れ歯を新調する場合には、サイズや噛み合わせをしっかり合わせることが大切です。すでに入れ歯をお持ちの場合も、使っているうちに少しずつ変化するので、合わないなと感じたときには早めに調整をお申し付けください。

きちんとフィットする入れ歯で快適な毎日をお過ごしいただけるよう、私たちがしっかりサポートいたしますので、入れ歯作りもメンテナンス面もお気軽にご相談ください。

保険適用内でも精密にお作りします

レジン床患者さんのお口の状態をしっかり診査・診断し、まずは治療やメンテナンスを行います。その上で、患者さんのご希望やご予算などを伺い、最適な入れ歯を選んでいきます。保険診療の入れ歯をご希望されるのが一般的ですが、保険適用内の限られた材料でも、精密な型取りに力を入れています。装着しやすく、噛みやすい入れ歯をしっかりお作りします。

レジン床
最も一般的な義歯です。プラスチックに似た合成樹脂性なので、厚みが出てしまい、話しにくさや、食べ物の温度伝導が鈍いなどの難点があります。

<金具部分の見た目が気になる方へ>
部分入れ歯の金具の色が気になる方は、金具を白いプラスチックへ換えることができます。ただし金属よりも強度が劣るため、金具の部分を太く作らなければなりません。また、耐久性も金属より劣るため、定期的に部分作り換えが必要になることがあります。

現在、金具付きの入れ歯をお使いの場合、入れ歯部分はそのままで、金具部分のみをプラスチックに換えることもできます。費用などの詳細はお問い合わせください。

もっと快適な入れ歯をお探しの方へ【自由診療の入れ歯】

・食べることが大好きだから、そのための最良の入れ歯を作りたい
・なるべく長持ちする入れ歯を作りたい
・見た目ができるだけ自然な入れ歯がほしい

食べたり、おしゃべりしたり、お口のことがうまくいかないと、毎日の暮らしや体調にも支障をきたすことがあります。長く使うものなので、できるだけよいものを使っていきたいというご要望には、自由診療(保険適用外)の入れ歯をおすすめしています。

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
金具を使わずに、半透明の樹脂の弾性を利用して支える入れ歯です。最大のメリットは目立たないことです。ただ、噛むときに最も負荷がかかる部分が樹脂なので、耐久性がやや劣ります。保険適用外で高価ですが、その分お口へのメリットは多くあります。

【主なメリット】
・薄くて違和感が少ない
・残った歯への負担が軽い
・弾性があるので壊れにくい

金属床金属床
義歯床を金属で作っているので、レジン床のような厚みがありません。また、丈夫で壊れにくい材料なのも安心で、食べ物の温度もきちんと感じることができます。保険適用外で初期費用はその分高くなりますが、修理や歯の本数を増やすなどの調整が容易なので、長い目でみるとお得です。

【主なメリット】
・厚みが出ないので、装着時のフィット感がある
・話しやすい
・食事のときの感触がよくなる
・壊れにくい

インプラント義歯インプラント義歯
あごの骨にネジのような(インプラント)土台を埋め込み、それに入れ歯を装着する方法です。現在の入れ歯の中では最もしっかり固定ができ、咀しゃく能率もよいのが特徴です。手術が必要なのでその分費用は高額になってしまうことと、完成するまでに時間が必要なデメリットもあります。

【主なメリット】
・入れ歯の中では一番固定力がある
・噛みやすい
・落ちたり外れたりすることはほぼない
・あごの骨が徐々にダメになっていくのをある程度防げる
・違和感が少ない
・入れ歯のズレで発生する痛みを大きく軽減できる
・自分の歯で噛む感覚を取り戻せる

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております