歯周病治療

歯周病の発症は、年々増加の傾向をたどっています。かなり重度になるまで自覚症状が出ない病気なので、定期的な検診をおすすめします。

歯周病治療

歯周病は、歯を支える土台部分の骨を溶かしてしまう恐ろしい病気です。しかしながら、末期になるまで痛みなどによる自覚症状がほとんど出ないため、重症化してからの発見になりがちです。当院でも、すでに手遅れの状態となってから来院される患者さんが少なくありません。

歯を残す努力は最大限行いますが、殺菌を試みても土台部分の骨の溶け出しが止められない場合は、抜歯は避けられません。そんなことにならないためにも、自覚症状がないときからの定期検診が何より重要です。

重症化すると厄介な病気ではありますが、予防対策で発症を防ぐことができるのもこの病気の特徴です。当院に来院してくださった患者さんには、ご希望を伺って同意があった場合は、歯周病予防や治療を積極的に提供しています。

インプラントを希望される患者さんの歯周病
インプラント治療のために来院される患者さんの中には、歯周病にかかっていらっしゃる方が意外と多くいらっしゃいます。インプラントは、何よりも義歯を入れる土台の骨の健康が重要です。まずは、歯周病治療をきちんとしていただくことが先決です。

歯周病とは

歯周病とは主に歯肉炎や歯周炎などにより、歯を支えている歯ぐきや歯槽骨が溶けて破壊されてしまう病気です。歯周病原性細菌が主な原因とされています。この菌に感染すると、まず歯肉に炎症が起きます。そしてさらに悪化した炎症が歯槽骨に達すると歯を支えられなくなり、やがて歯は抜け落ちます。

歯周病チェック
歯周病は歯ぐきに炎症を起こすだけでなく、骨まで溶かしてしまう恐ろしい病気です。しかし、決して珍しい病気ではありません。それどころか、日本人の成人の80%が歯周病にかかっていると言われています。

何よりも怖いのが、初期のうちは痛みなどの自覚症状がほとんどないこと。ぜひこの表でチェックしてみてください。当てはまるものが1~2項目の場合は軽度、3~5項目の場合は中度、6項目以上の場合は重度の歯周病の可能性があります。

<歯周病の自己チェック>
□ お口の中がネバネバする
□ 口臭がする
□ 歯と歯の間に食べ物がはさまる
□ 歯ぐきが痩せて、歯が長くなったように見える
□ 歯ぐきを押すと血や膿が出る
□ 歯を磨いていると血が出る
□ 水や甘い物を口に含むとしみる
□ 固い物が噛み辛くなった
□ 歯がぐらぐらする
□ 歯に歯垢や歯石が付いている
□ 歯ぐきが腫れている

歯周病の進行と対処法

歯周病治療は、段階ごとの歯科医院での処置とご自身でのケアの両方が必要です。発見が早ければ早いほど、治療もお口へのダメージも軽くすみます。

●歯周組織は健康な状態歯周病進行
・歯周ポケットは1~2mm程度
・歯肉は薄ピンク色で腫れはなし

【対処法】
治療は不要ですが、3~6か月ごとの定期検診と、毎日の歯垢除去は必ず行いましょう。歯科医院での専門的な歯のクリーニングもおすすめです。

●歯周病歯肉炎歯周病進行
・歯垢と炎症とで、ポケットができている
・歯ぐき溝と呼ばれる溝に歯垢が溜まり、歯ぐきに炎症が起きている

【対処法】
3か月ごとの定期検診とメンテナンス(歯石除去)、ご自身でのブラッシングでの改善が必要です。専門的な歯のクリーニングもおすすめします。

●歯周病軽度歯周炎歯周病進行
・歯周ポケットは3~4mm程度
・歯ぐきに炎症が起こり、深い赤色になる
・歯槽骨にも変化が出てくる

【対処法】
まずは、ブラッシングで歯肉の状況を回復させます。その後、歯科医院での完全歯石除去と、歯肉内のSRPや専門的な歯のクリーニングも定期的に受ける必要があります。

●歯周病中等度歯肉炎歯周病進行
・歯周ポケット4~6mm程度
・歯肉の炎症が進行し、腫れ・出血がある
・歯槽骨の吸収も進行

【対処法】
まずは、ブラッシングで歯肉の状況を回復させます。その後、歯科医院での完全歯石除去と、歯肉内のSRPを行います。重症度により、歯周外科手術が必要となる場合もあります。専門的な歯のクリーニングや再発防止対策も必須です。

●歯周病重度歯肉炎歯周病進行
・歯肉が定期的に腫れて、痛みもひどい状態

【対処法】
歯の保存が可能なら歯周外科手術などを試みますが、ここまで進行してしまうと抜歯せざるを得ない場合もあります。こんな状態になってしまうことがないように、予防や定期検診を欠かさずに行いましょう。

歯周病の基本治療

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)SRP
歯周ポケットの奥や歯根の表面に付いた歯石を取り除き、歯周病感染で傷んだ歯根を部分的に削り、表面を滑らかにします。

ブラッシング指導
歯周病の一番の原因はブラッシング不足です。患者さんの歯並びや口腔内環境に合わせた正しいブラッシングと注意点などをご説明します。

歯周外科

フラップ法歯周外科
歯周病が進行し、歯周ポケットが5mm以上の重度の場合に行う手術です。歯肉をはがして歯石や汚れを取り除き、歯槽骨の整形と、傷んだ歯肉などの組織を取って、歯肉を元の状態に戻します。

歯肉切除
歯肉の盛り上がった箇所を切り取り、食べカスや歯垢が溜まらないようにします。

エムドゲイン
特殊なたんぱく質が主成分のエムドゲイン(液体)を骨がなくなった場所に注入し、メンブレン(特殊な膜)で覆います。その覆った中の空洞部分に再生能力が発揮され、骨がだんだん上がってきます。 またこの液体は細胞にも骨の再生を働きかけるので、初めて歯が生えてきたときのような強い組織を生成します。

GBR法(骨再生誘導法)
エムドゲインと似ていますが、骨が失われた場所に、自分の骨や人工骨を盛ることで、骨を再生する方法です。骨がなくなってしまった場所に砕いた自分の骨または人工骨を置いてその上をメンブレンで保護すると、半年程度で自分の骨に置き換わります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております