小児歯科

お子さんは、痛みがないときにこそ来院ください。「歯医者=痛い」の恐怖心を植え付けません。ゆっくり、嘘をつかずに、日々変化するお子さんの歯の健康を守りましょう。

小児歯科

子どものときに持つ歯医者への印象は、その後の歯医者との付き合い方に大きく影響を与えるものです。何よりもまず恐怖心を持たせず、歯医者に来ることが苦にならないようになってもらえることが大切です。

そのために、当院では下記のような取り組みを行っています。

●押さえつけない
●泣く子は無理に治療しない
●すぐに治療せず、慣れることに重点を置く
●特に指名がない限りは、お母さんに近い雰囲気の女性ドクターが担当

このことにより、まずは「歯医者って別に怖いところじゃないんだな」と感じてもらい、徐々に慣れていくように経過を見ます。

治療ができるまでに行う基本処置

基本処置まずはフッ素塗布で、むし歯の痛みが出てこないよう進行を抑え、治療できるようになるまで気長に待ちます。フッ素塗布の処置は痛くありません。また、まだ乳歯がいっぱいのお口も、永久歯が生えてきたときにむし歯を発症させないよう、予防措置をしっかり行います。

フッ素塗布の効果とは?
乳歯のうちにフッ素塗布を行い、お口の中のばい菌のレベルを下げておくことで、永久歯が生えてきたときのむし歯になるリスクを大幅に下げることができます。当院では、お子さんの治療や予防は、このフッ素塗布を基本に行っていきます。

・フッ素イオンが細菌を抑え、歯に悪い酸を作らないよう働く
・歯の強度が増す
・再石灰化を促進し、脱灰(むし歯の進行)を抑える

お子さんの歯を守るその他のメニュー

歯ブラシむし歯を発症しやすい乳歯を健やかに保ち、強い永久歯生成を促すため、むし歯予防や正しいブラッシング指導を行います。

シーラント
むし歯になりやすそうな奥歯の噛み合わせの部分にプラスチックを予防充填して(埋め込んで)、むし歯を予防する処置です。役割はフッ素塗布と同様です。

ブラッシング指導
お子さまのお口の中の状態を見ながら、適切な歯ブラシの選び方からブラッシング方法までを指導します。

保護者の方へのお願い

歯医者を怖いイメージにする発言はご遠慮ください小児歯科
お子さんを叱るときに「そんなに悪いことばっかりしていると、歯医者に連れて行くよ!」という脅し文句をたびたび耳にします。でも歯医者は、歯の健康を守るために誰もが生涯付き合うべき場所です。だからこそ悪い印象につながる言葉は避けるよう、ご協力をお願いいたします。

「痛い」「痛くない」どちらの単語もタブーです
「痛い」という言葉はもちろんですが「痛くないから大丈夫」の言葉もかえって恐怖心をあおる場合があります。来院時は「痛み」にまつわる単語は使わず、できるだけその感情を思い出さないよう、遠ざけてあげてください。

仕上げ磨きを行ってください
お子さん自身にブラッシングを行わせることは大切です。それと同時に、歯の汚れをしっかり取り除くことも、この時期とても重要です。お子さんが歯磨きを行ったあとは、保護者の方がきちんとチェックをして、磨き残しがないように仕上げ磨きを行ってください。

だらだら・ちびちびの食事習慣は禁物です
だらだらとこまめに食事を摂ること。スポーツドリンクなどを含め、ちびちびと甘い飲み物を断続的に飲むこと。どちらもお口の中に常に酸を作り出す原因となり、歯に非常に負担がかかります。飲食の時間はきちんと決め、適度な時間ですませるよう心がけましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております