むし歯治療

見つけにくい小さなむし歯から進行したものまで、的確な診断をすることで、患者さんにも歯にも、できるだけ負担の少ない治療を行っていきます。

むし歯治療

治療において大切なのは、今病状がどの段階にあって、どんな治療が最適であるかを正確に判断することです。当院では、通常の検査では見つけられない初期段階のむし歯も、治療経験と精密な検査機器を駆使して発見し、治療が必要となる前段階で進行を食い止めます。

初期のむし歯は、軽度であれば削ることなく回復させることも可能なので、早めの診断が何よりのカギとなります。逆に、相当進行させてしまったむし歯についても、まずはしっかり状況を見極めます。そして、歯にかける負担をできるだけ少なくする治療方法を見つけ出すことに努めます。

レントゲンや触診だけでは見つからない小さなむし歯も確実に発見

ダイアグノデント当院は、検査時に「ダイアグノデント」という機械で歯にレーザーを照射し、小さなむし歯まで発見します。技や勘だけに頼らない、正確な診断に効果的です。

ダイアグノデントとは
歯にレーザーの光をあてて、むし歯に冒された歯から発せられる光を数値や音色に置き換えて読み取り、むし歯の進行状態を計る機器です。

【メリット1】詳細な診断
特に、早期でむし歯を見つけるのが困難な奥歯の診断時に役立ちます。進行状態を細かく知ることができるので、どんな予防処置や管理が必要かの指針となります。歯の再石灰化の測定もできるので、予防処置の効果具合を診るのにも有効です。

【メリット2】正確な測定
レーザーの光は極小経路で反射するため、裂溝域でも正確な蛍光測定ができ、歯面を傷めません。

【メリット3】痛みはゼロ
診査においてまったく痛みがないので、お子さんや痛みに弱い患者さんでも安心して検査を受けていただけます。

<診査で出た数値>
0~14 :処置は不要
15~20:予防処置の実施がおすすめ
21~30:患者さんの歯の強度やメンテナンス間隔等に合わせた予防処置、
     または保存修復処置の判断が必要
30以上 :治療の実施がおすすめ

初期から末期までのむし歯の症状

むし歯の症状は、初期段階の「CO」から歯が崩壊する「C4」までの5段階の症状に区分されます。 初期であれば軽い処置ですみますので、自覚症状がなくても、定期的な歯の健康チェックを行いましょう。

CO(初期むし歯)CO
虫食い・黒ずみがなくても歯が溶け出し、むし歯が始まった状態です。フッ素入りの歯磨き剤でのブラッシングで、再石灰化が可能です。

C1(エナメル質う触)C1
歯の表面を覆うエナメル質を溶かし、小さな穴があきます。痛みはほぼありません。治療については、保険適用内の白い詰め物を使っての完治が一般的です。

C2(象牙質う触)C2
エナメル質の下の象牙質まで蝕まれ、甘いものや冷たいものがしみることがあります。範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物で完治が可能です。範囲が大きい場合は疾患部除去と成形を行います。除去した部分には型取りした詰め物の装着が必要です。

C3(神経まで達したう触)C3
象牙質の下の神経まで達し、激痛を伴うことがほとんどです。神経がだめになってしまうと、歯ぐきが腫れたり炎症による膿が出たりします。この状態まで進行すると、根管治療が必要となります。

C4(残根状態)C4
歯は崩壊し、歯根だけが残った状態です。治療可能な歯質が残っている場合はC3と同様の根管治療ができますが、症状によっては抜歯が必要な場合もあります。

歯を守る効果的な歯磨き

歯を守る効果的な歯磨き毎日の歯磨きにも、歯を守る効果をあげるコツがあります。ていねいなブラッシングできちんと歯垢を取り除くことはもちろんですが、磨くタイミングも肝心です。


菌を効果的に減らす磨き方
・寝る間際に必ず磨く
・朝起きた直後に磨く

菌がお口の中に一番増える時間帯は、夜寝ている間です。寝る間際にきちんと歯を磨いて菌を取り除きます。さらに起きるまでの間に新たにできてしまう菌は、起きたらすぐ(食事前に)取り除くことで、お口の中をよい状態に保てます。

食事後の磨くタイミング
食事を終えたあとは、すぐに歯を磨く必要はありません。食後、歯は再石灰化する働きがありますので、その時間として30分~1時間は空けて磨きましょう。

重度のむし歯でもできるだけ「神経」を残す治療を行います

重度のむし歯治療他院で「神経を抜く必要がある」と診断された歯も、当院ではできるだけ神経を残す治療を心がけています。もちろん進行の度合いや患者さんのお口の状態によって神経を残せない場合もありますが、下記のような治療で多くの神経除去回避に成功しています。

「できるだけ残す」ための治療
・水酸化カルシウム製剤を使って3か月ほどの時間をかけて2次象牙質の生成を促す
・むし歯菌の殺菌には3Mixを使用

もともと体にあるものは、なるべく取らないことが大切です。神経を抜くという選択の前に、ぜひ一度ご相談ください。

●3Mixとは
3Mixとは3種の抗生物質を混ぜた薬剤のことです。むし歯に塗って、むし歯を殺菌します。通常のむし歯治療ではむし歯部分をすべて取り除きますが、3Mixを使った治療では、抗生物質の殺菌効果により細菌だけを殺すことができます。

痛みを抑える工夫

治療時の痛みをできる限り軽減できるよう、麻酔を使用いたします。

【当院の麻酔メニュー】表面麻酔
患部に塗るだけ、吹き付けるだけなど複数のタイプがあり、痛みを伴わずに歯ぐきの表面の感覚を鈍くします。当院では、この麻酔を先に使用することで麻酔注射の痛みを緩和させています。

【当院の麻酔メニュー】自動注射(アネジェクト)自動注射(アネジェクト)
麻酔処置時の痛みには「刺す痛み」のほかに「麻酔液が入るときの痛み」があります。アネジェクトを使用することで液の注入スピードを一定にコントロールできるので、痛みを軽減できます。

【当院の麻酔メニュー】歯根膜内注射(パロジェクト)歯根膜内注射(パロジェクト)
この麻酔は効果が早く表れ、有効率が高いのが特徴です。通常、麻酔薬の注入には強い力が必要ですが、軽くクリックするだけで容易に正確に注入できるところも利点です。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております