天然の歯を残すことが最適な選択ではないことも

天然の歯を残す治療基本的には天然の歯を残すことがベストなのですが、それに当てはまらないケースもゼロではありません。それは、患者さんが重度の歯周病にかかっている場合です。

かなり重い歯周病を発症しているケースでも、治療することで歯を支える骨への吸収(骨の溶け出し)を抑えることができれば、歯は抜かずにすみます。

しかし、もし治療しても吸収を止めることができなかった場合には、早めに抜いて歯の土台となっている骨をきちんと守ってあげることが将来的にはベストの場合もあるのです。

大切なのは、的確な判断でお口の最良の道をみつけること
万一、歯の疾患を進行させてしまった場合でも、一部のケースを除き、かなりの確率で天然の歯を残せる方法はあると考えております。

そのためには、第一段階として、適切な診査・診断を行うことが大切です。豊富な知識や経験をもとに、患者さんの現在だけでなく、未来のお口の健康も見極めた判断と治療を行っていくことに、これからも全力で取り組んでまいります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております