日本口腔インプラント学会認定の専門医とは

専門医制度の目的「インプラント」の名がつく学会は多数ありますが、日本口腔インプラント学会は、日本で唯一、日本歯科医学会公認の口腔インプラント学会です。そしてその専門医への認定には、以下のような目的に則り、厳しい審査基準を満たすことが条件となっています。

専門医制度の目的
口腔インプラント学に関わる広い学識と高度な専門的技能を有する歯科医師の養成を図り、口腔インプラント医療の発展と向上並びに国民の福祉に貢献することを目的とする。
(『公益社団法人日本口腔インプラント学会専門医制度規程 第一条』より)

専門医認定に必要な資格や条件
・日本国歯科医師免許を有し、日本歯科医師会会員
・同学会の正会員として5年以上の継続在籍
・専門医教育講座を3回以上受講
・本会学術大会及び支部学術大会に 8回以上参加
・同上の大会にて2回以上発表
・本会専門医制度施行細則所定の研修を修了
・施行細則に定められたインプラント治療の経験
・ケースプレゼンテーション試験に合格
・多数同時埋入した例を含め、20症例の提出
・口腔インプラント指導医2名の推薦取得

上記の審査を通過したのちに、さらに資格認定試験(筆記と面接)合格が必須となります。
また、認定後も5年ごとに更新の審査が必要となるため、常に最新の知識を取得し、技術向上を図っていくことが求められています。

インプラント治療の詳細はこちらをご覧ください
「安心・安全のインプラント治療」

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております