適切な診査・診断のもと治療方針を決定します

適切な診査・診断を行うこと。そして「ていねいな予防対策」と「精密な根管治療」に重点を置き、天然の歯をできるだけ残すことに最善を尽くしています。

適切な診査・診断

生まれ持った「天然の歯」は、何よりの財産です。インプラントを含め、義歯の技術が進歩し、歯を失っても快適なお口での生活を保つことができる時代にはなりました。しかし、それでも天然の歯に勝るものはありません。

歯を守る一番の対策は、何といっても「予防」です。歯を悪くする原因を早め早めに取り除くことが何より重要です。こまめなセルフケアと定期的なプロのメンテナンスとの両方を行うことで、健康なお口をずっと守り続けていけるのです。

当院で治療された多くの患者さんは、完治後もずっとこの予防対策を守ってくださっています。そのため、むし歯や歯周病知らずの健康なお口の環境をずっと保ち続けることに成功している方もたくさんいらっしゃいます。

悪化させてしまった歯もできる限り守ります

歯を残す一方でかなり辛い自覚症状が出るまで放置してしまい、相当悪化したむし歯を抱えて飛び込んでこられる患者さんもおられます。しかしそんな状況でも、当院は「抜かずに完治」できる治療方法を見いだせる可能性は十分にあると考えています。

かなり進行したむし歯であっても、神経のある歯の根っこの部分(根管)の治療を正確かつ確実に行うことで、回復に導いてきた実績を多く持つからです。

「他院では、抜かないとだめだと言われたけど、できれば残したい」

そんな一縷の望みをかけて来院される患者さんの診察も行っています。状況にもよりますが、精度の高い根管治療や、場合によっては歯の土台の骨の治療を行うことで、抜かずに歯を残せる道は広がります。すべての歯を必ず抜かないということではありませんが、他院で歯を抜くことをすすめられた場合でも、あきらめる前にぜひ一度ご相談ください。

こんな方法で歯が残せる場合があります
当院長はインプラント専門医のため、インプラント治療と密接に関わる根管治療や歯の土台となる骨の治療の技術にも深く精通しております。それにより通常は抜歯をすすめるような症例でも、骨削などの特殊な治療技術により、歯を抜くことなく回復させたケースを多く残してきました。

●歯を抜かないための治療法
骨削(骨を削る)や歯肉切除によって、骨の中に埋まってしまった歯の根っこを復活させる治療方法。また歯肉の中まで虫歯が進行してしまった歯を強制的に挺出する(ひきだす)治療方法で対応できることもあります。

天然の歯を残すことが最適な選択ではないことも

天然の歯を残す治療基本的には天然の歯を残すことがベストなのですが、それに当てはまらないケースもゼロではありません。それは、患者さんが重度の歯周病にかかっている場合です。

かなり重い歯周病を発症しているケースでも、治療することで歯を支える骨への吸収(骨の溶け出し)を抑えることができれば、歯は抜かずにすみます。

しかし、もし治療しても吸収を止めることができなかった場合には、早めに抜いて歯の土台となっている骨をきちんと守ってあげることが将来的にはベストの場合もあるのです。

大切なのは、的確な判断でお口の最良の道をみつけること
万一、歯の疾患を進行させてしまった場合でも、一部のケースを除き、かなりの確率で天然の歯を残せる方法はあると考えております。

そのためには、第一段階として、適切な診査・診断を行うことが大切です。豊富な知識や経験をもとに、患者さんの現在だけでなく、未来のお口の健康も見極めた判断と治療を行っていくことに、これからも全力で取り組んでまいります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております